カテゴリー「VMware ESXi」の255件の記事

ESXi ホストの登録

[ホストおよびクラスタ] をクリック


データセンターを展開


クラスタを選択 → [ホスト] タブをクリック


緑色の [+] が付いたアイコン(ホストの追加)をクリック


[ホスト名または IP アドレス] に vCSA に登録する ESXi ホストの名称または IP アドレスを入力 → [次へ] をクリック


登録する ESXi ホストの管理者アカウントの情報を入力 → [次へ] をクリック
・ ユーザー名 : root
・ パスワード : root アカウントのパスワード


[はい] をクリック


[次へ] をクリック


[次へ] をクリック


ロックダウンモードは [無効] が選択されていることを確認 → [次へ] をクリック


[終了] をクリック


ESXi ホストの追加中


ESXi ホストの追加終了




複数の ESXi ホストを追加した状態




続きを読む "ESXi ホストの登録"

データセンターとクラスタの登録

vCenter Server Appliance(vCSA) に管理対象の ESXi ホストを登録する準備として、データセンターとクラスタを登録します。



[vCenter インベントリ リスト] をクリック


[データセンター] をクリック


緑色の [+] が付いたアイコン(新しいデータセンターを作成します。)をクリック


[データセンター名] に作成するデータセンターの名称を入力 → [OK] をクリック


一覧に作成したデータセンターが表示されていることを確認


緑色の [+] が付いたアイコン(新しいクラスタの作成)をクリック


[名前] に作成するクラスタの名称を入力 → [OK] をクリック


クラスタの作成終了


続きを読む "データセンターとクラスタの登録"

Windows セッション認証の構成

Active Directory(AD) にログインしているユーザーアカウントを使用して vCenter Server Appliance(vCSA) にログインできるよう構成します。大まかな手順です。

1. vCSA を AD ドメインに追加
2. vCSA にログインを許可する AD グループの指定
3. vCSA にログインを許可した AD グループに管理者権限を付与

AD 側の情報です。

■ AD ドメイン名 : exam.local
■ AD グループ名 : ESX Admins
■ AD ユーザー名 : VmAdmin ← ESX Admins グループのメンバー

詳細な説明は次のドキュメントを参照ください。

■ vCenter Server Appliance の構成
→ http://pubs.vmware.com/vsphere-60/topic/com.vmware.ICbase/PDF/vsphere-esxi-vcenter-server-601-appliance-configuration-guide.pdf
■ vSphere セキュリティ
→ http://pubs.vmware.com/vsphere-60/topic/com.vmware.ICbase/PDF/vsphere-esxi-vcenter-server-602-security-guide.pdf



[システム構成] をクリック


[ノード] をクリック


[ノード] 内に表示されている vCSA を選択 → [管理] タブをクリック


[Active Directory] をクリック


[参加...] をクリック


参加する AD ドメイン情報を入力 → [OK]をクリック
・ [ドメイン]  : vCSA が参加する AD ドメイン名
・ [組織単位]  : 空欄
・ [ユーザー名] : ホストを AD ドメインに参加させることができる AD ユーザー名
           ※画面は Administrator になっているが、本当はユーザープリンシパル形式のユーザー名(Administrator@exma.local)の指定が正しい
・ [パスワード] : ユーザー名で指定した AD ユーザーのパスワード


[ノード] 内に表示されている vCSA を右クリック → [再起動...] をクリック


[ノードを再起動する理由を入力してください] に再起動する理由を入力 → [OK] をクリック


vCSA からログアウト


vCSA の再起動後 vCSA にログイン → [ドメイン] に AD ドメイン名が表示されていることを確認


[ホーム] をクリック


[管理] をクリック


[構成] をクリック


[アイデンティティ ソース] タブをクリック


緑色の[+](アイデンティティ ソースの追加)をクリック


AD アイデンティティソース情報の入力 → [OK]をクリック
・ [アイデンティティ ソースのタイプ] : [Active Directory(統合 Windows 認証)] を選択
・ [ドメイン名] : vCSA が参加している AD ドメイン名
・ [サービス プリンシパル名 (SPN) を使用] を選択
・ [サービス プリンシパル名 (SPN)] : vCSA が参加している AD ドメイン名の先頭に "STS/"を付けて入力
・ [ユーザー プリンシパル名 (UPN)] : このアイデンティティソースで認証できる ADユーザーアカウント
・ [パスワード] : [ユーザー プリンシパル名 (UPN)] で指定した AD ユーザーのパスワード


アイデンティティソースの一覧に AD ドメインが追加されたことを確認


[グローバル権限] をクリック


[管理] タブをクリック


緑色の [+] (権限の追加)をクリック


[追加]をクリック


[ドメイン] をプルダウン → AD ドメインを選択


AD ユーザー/ドメインから vCSA にログインを許可する AD グループを選択 → [追加] をクリック


[グループ] に選択した AD グループが表示されていることを確認 → [OK] をクリック


[ユーザーおよびグループ] の一覧から追加した AD グループを選択 → [割り当てられたロール] をプルダウンし [システム管理者] を選択 → [OK] をクリック


一覧に追加した AD グループが表示されていることを確認


AD ユーザーでログインできるか確認するため、いったんログアウト




[Windows セッション認証を使用してください] をチェック → [ユーザー名] に現在ログインしている AD ユーザー名が表示されていることを確認 → [ログイン] をクリック


ログイン終了 : ログインユーザー名が AD ドメインのユーザー名になっていることを確認


続きを読む "Windows セッション認証の構成"

vSphere Web Client を使用して vCenter Server Appliance(vCSA) にログイン

「クライアント統合プラグイン」と「vCenter Server Appliance(vCSA)」をインストールすると vSphere Web Client を使用して vCenter Server Appliance(vCSA) にログインできるようになります。

vSphere Web Client の接続先 URL です。

 ■ https://vCSA のホスト名(FQDN)/vsphere-client

名前解決ができない場合 vCSA ホストの IP アドレスを指定して接続します。

 ■ https://vCSA ホストの IP アドレス/vsphere-client



ブラウザを起動 → vSphere Web Client の接続先 URL を入力
※ vSphere Web Client の接続先は vCSA のデプロイ時の最後の画面に表示されていました。


vCSA のログイン情報を入力 → [ログイン]をクリック
・ユーザー名 : administrator@SSOドメイン名
※ SSO ドメイン名は vCSA のデプロイ時の「Single Sign-on(SSO)のセットアップ」時に入力した [SSO ドメイン名] です
・パスワード : vCSA のデプロイ時の「Single Sign-on(SSO)のセットアップ」時に入力した [vCenter SSO パスワード]


vSphere Web Client を使用して vCSA にログイン終了


続きを読む "vSphere Web Client を使用して vCenter Server Appliance(vCSA) にログイン"

vCenter Server Appliance(vCSA) の起動 / vSpher 6.0 Update 2(ESXi6.0U2)

VMware Host Client で vCenter Server Appliance(vCSA) が登録されている ESXi ホストに接続 → [仮想マシン]をクリック


vCSA を選択 → [パワーオン]をクリック


起動状況を確認するため、ブラウザコンソールを起動 : [コンソール]をクリック → [ブラウザコンソールを開く]をクリック


vCSA の起動中


vCSA の起動終了




続きを読む "vCenter Server Appliance(vCSA) の起動 / vSpher 6.0 Update 2(ESXi6.0U2)"

vCenter Server Appliance(vCSA) のシャットダウン

[シャットダウン]をクリック


[はい]をクリック


[キャンセル]をクリック


ログアウトされます


続きを読む "vCenter Server Appliance(vCSA) のシャットダウン"

vCenter Server Appliance(vCSA) のタイムゾーン変更 / vSpher 6.0 Update 2(ESXi6.0U2)

デプロイした vCenter Server Appliance(vCSA) のタイムゾーンは Etc/UTC が設定されています。これを Asia/Tokyo に変更します。



[時刻]をクリック


[タイムゾーン]の[編集]をクリック


[タイムゾーン]をプルダウンし [Asia/Tokyo] を選択 → [OK] をクリック


[タイムゾーン] が [Asia/Tokyo] に変更されており、[現在時刻]が正しい時刻になっていることを確認


続きを読む "vCenter Server Appliance(vCSA) のタイムゾーン変更 / vSpher 6.0 Update 2(ESXi6.0U2)"

vCenter Server Appliance(vCSA) にログイン / vSpher 6.0 Update 2(ESXi6.0U2)

デプロイした vCenter Server Appliance(vCSA) にログインします。vCSA の接続先 URL です。

 ■ https://vCSA のホスト名(FQDN):5480/

名前解決ができない場合「vCSA のホスト名」を「vCSA の IP アドレス」に変更します。

 ■ https://vCSA ホストの IP アドレス:5480/



ブラウザを起動 → vCSA の接続先 URL を入力


ログイン情報を入力 → [Login]をクリック
・[User name] : root
・[Password] : vCSA のデプロイ時に[OS のパスワード]で入力したパスワード


vCenter Server Appliance にログイン


続きを読む "vCenter Server Appliance(vCSA) にログイン / vSpher 6.0 Update 2(ESXi6.0U2)"

VMware vCenter Server Appliance のデプロイ(インストール) / vSpher 6.0 Update 2(ESXi6.0U2)

クライアント統合プラグインのインストールに続いて vCente Server Appliance (vCSA)をデプロイ(インストール)します。クライアント統合プラグインのインストール時と同様に "VMware-vCSA-all-6.0.0-3634788.iso" を使用します。

「VMware vCenter Server 6.0 Update 2 リリースノート」に「vCenter Server Appliance インストーラが 64 ビット版 Firefox ブラウザでサポートされない」と記述があります。vCSA のインストールには Chrome または Internet Explorer を使用したほうがよさそうです。
■ VMware vCenter Server 6.0 Update 2 リリースノート → http://pubs.vmware.com/Release_Notes/jp/vsphere/60/vsphere-vcenter-server-60u2-release-notes.html



"VMware-vCSA-all-6.0.0-3634788.iso" 内の "vCSA-setup.html" をダブルクリック(起動)


クライアント統合プラグインの検出中


[インストール]をクリック


[使用許諾契約書の条項に同意します。]にチェック → [次へ]をクリック


vCSA をデプロイする ESXi ホストの情報を入力 → [次へ]をクリック
・ [FQDN または IP アドレス] : ESXi ホスト名(名前解決ができる場合)または IP アドレス
・ [ユーザー名]/[パスワード] : ESXi ホストの root アカウント情報を入力


[はい]をクリック


vCSA アプライアンスの rootアカウント情報を入力 → [次へ]をクリック
・ [アプライアンス名] : vCSA アプライアンスの仮想マシン名
・ [OS パスワード]/[OS パスワードの確認] : vCSA の root アカウントのパスワード
※ この画面で入力した [OS パスワード] は vCSA にログインするときに使用します


[vCenter Server と組み込み Platform Services Controller をインストール] が選択されていることを確認 → [次へ]をクリック


[新しい SSO ドメインを作成]を選択 → SSO に関する情報を入力 → [次へ]をクリック
・ [vCenter SSO パスワード]/[パスワードの確認] : administrator アカウントのパスワード
・ [SSO ドメイン名] : SSO ドメイン名
・ [SSO サイト名]  : SSO サイト名
※ この画面で入力した [vCenter SSO パスワード] と [SSO ドメイン名] は vSphere Web Client を使用して vCSA にログインするときに使用します


[Appliance のサイズ]をプルダウンし、環境に見合った構成を選択 → [次へ]をクリック


vCSA アプライアンスをデプロイするデータストアを選択 → [シンディスクモードの有効化]にチェック → [次へ]をクリック


[組み込みデータベース (PostgreSQL) を使用]が選択されていることを確認 → [次へ]をクリック


デプロイする vCSA のネットワーク情報を入力 → [次へ]をクリック
・ [ネットワークの選択] : プルダウンして vCSA を接続するネットワークを選択
・ [I Pアドレスファミリ] : [IPv4]を選択
・ [ネットワークタイプ] : [static]を選択
・ [ネットワークアドレス] : vCSA の IP アドレス
・ [システム名(FQDN または IP アドレス) : vCSA のホスト名を入力
・ [サブネットマスク] : vCSA を接続するネットワークのサブネットマスク
・ [ネットワークゲートウェイ] : vCSA を接続するネットワークのゲートウェイアドレス
・ [ネットワーク DNS サーバ(カンマ区切り形式)] : DNS サーバーの IP アドレス、複数指定する場合はカンマで区切る
・ [時刻同期の校正] : [NTPサーバの使用(コンマ区切り)]を選択 → NTP サーバーのIPアドレス




[VMware カスタマエクスペリエンス改善プログラムに参加]のチェックを外す → [次へ]をクリック


設定情報(= 入力した内容)の一覧を確認 → [完了]をクリック


vCSA アプライアンスのデプロイ中


デプロイ終了 → [閉じる]をクリック
※ vSphere Web Client を使用して vCSA にログインするときの接続先 URL(https://~) とログインアカウント (administrator@~) が表示されています


[×]をクリックして、各ウィンドを閉じる




続きを読む "VMware vCenter Server Appliance のデプロイ(インストール) / vSpher 6.0 Update 2(ESXi6.0U2)"

クライアント統合プラグインのインストール / vSpher 6.0 Update 2(ESXi6.0U2)

vCenter Server Appliance(vCSA) のインストール準備でクライアント統合プラグインをインストールします。クライアント統合プラグインは "VMware-VCSA-all-6.0.0-3634788.iso" に含まれています。



"VMware-VCSA-all-6.0.0-3634788.iso" を適当なフォルダに保存 → ダブルクリックしてマウント




vcsa フォルダ内の "VMware-ClientIntegrationPlugin-6.0.0.exe" を実行


[次へ]をクリック


[使用許諾契約書に同意します]を選択 → [次へ]をクリック


インストール先を変更せず[次へ]をクリック


[インストール]をクリック


インストール中


[完了]をクリック = インストール終了


続きを読む "クライアント統合プラグインのインストール / vSpher 6.0 Update 2(ESXi6.0U2)"

より以前の記事一覧