« Windows の機能の有効化 : Hyper-V / Hyper-V(Windows8.1) | トップページ | オンライン - パフォーマンス カウンターが開始されていません / Windows Server 2012 R2 »

Hyper-V / Hyper-V(Windows8.1)

Hyper-V を有効にする前のイメージです。ハードウェアの上に OS(Windows 8.1)がインストールされています。



Hyper-V を有効にすると、ハードウェアと OS の間に Hyper-V がインストールされます。



OS を使用していても Hyper-V を有効にする前後で違いが分からないのですが、Hyper-V を有効後の OS は仮想化されます。



次にいくつかのゲスト OS をインストールしたイメージです。



最初に仮想化された OS もゲスト OS も共に Hyper-V 上の仮想マシン内で動作していいます。最初に仮想化された OS には仮想マシンの作成ツールや Hyper-V の管理ツールなどが用意されており、管理 OS(ペアレント OS)と呼びます。



管理 OS やゲスト OS が稼働する仮想マシンを、親パーティション、子パーティションと呼びます。




《参考ページ》
マイクロソフト : Microsoft Hyper-V 構成ガイド
Windows インフラ管理者への道 : Hyper-Vのネットワークを理解する-外部ネットワーク

« Windows の機能の有効化 : Hyper-V / Hyper-V(Windows8.1) | トップページ | オンライン - パフォーマンス カウンターが開始されていません / Windows Server 2012 R2 »

Hyper-V」カテゴリの記事