« OS のインストール時に ISO イメージファイルを指定 / Hypervisor 5.1(ESXi) | トップページ | VMware Tools のインストール(Windows編/32-bit) / Hypervisor 5.1(ESXi) »

ゲスト OS が"CentOS 6.3"および"Oracle Linux 6.3"のときの注意事項 / Hypervisor 5.1(ESXi)

ネットで「ESXi5.1 + CentOS6.3 の組み合わせで、VMware Tools のインストール後に NIC が使用不可になる」という記事を見つけました。少し調べると、vSphere 5.1のリリースノートに次の記述を見つけました。

“CentOS 6.3 および Oracle Linux 6.3 オペレーティング システムが搭載された仮想マシンでは、VMware Tools を正常にインストールし仮想マシンを再起動した後で、ネットワークが使用できなくなります。”

回避策は、仮想マシンの作成時にネットワークアダプタを"E1000"または" VMXNET 3"にすること。デフォルトの"フレキシブル"で仮想マシンを作成すると、上述の不具合が発生します。


すでに VMware Tools をインストールした場合は次の対応が必要とのこと。
 1. VMware Tools のアンインストール
 2. ネットワークアダプタの削除("フレキシブル")
 3.ネットワークアダプタの追加("E1000"または"VMXNET 3")
 4. VMware Tools の(再)インストール


vSphere 5.1 のリリースノート
http://www.vmware.com/jp/support/support-resources/pubs/vsphere-esxi-vcenter-server-pubs/vsphere-esx-vcenter-server-51-release-notes.html#clientissues

« OS のインストール時に ISO イメージファイルを指定 / Hypervisor 5.1(ESXi) | トップページ | VMware Tools のインストール(Windows編/32-bit) / Hypervisor 5.1(ESXi) »

VMware ESXi」カテゴリの記事