« ロックダウンモード / vSphere 5 Update 1 | トップページ | ESXiでiSCSI SANブート:ブータブルUSBメモリの作成 / vSphere 5 Update 1 »

ESXiでiSCSI SANブート:必要物品と手順 / vSphere 5 Update 1

ESXiでiSCSI SANブート環境を構築する。必要なものは次のとおり。

[ハードウェア]
Intel Gigabit CT Desktop Adapter
・このNICのファームウェアを書き換えて、iSCSI HBA(iSCSIイニシエータ)とする
・他に使用可能なNICはIntel社のページを参照
■USBメモリ
・NICのファームウェアの書き換え時のブートデバイスとして使用
■USBフロッピードライブ
・USBメモリにシステムファイルを書き込むときに使用
・無ければ"Virtual Floppy Drive"等の仮想フロッピーディスで代用可能と思われる
■起動用フロッピーディスク
・USBメモリにシステムファイルを書き込むときに使用
・事前に作成しておく
■iSCSIターゲットとなるストレージ
・今回はHP ML115 G5にOpenfilerをインストールして構成
・事前にSANブート用のエリアを確保し、iqnを割り当てておく
 → 今回は8GBを確保

[ソフトウェア]
■HP USB Disk Storage Format Tool
・ファイル名 SP27608.exe
・ブータブルUSBメモリを作成するツール
・HPのサイトには登録がないと思われる(サイト内を検索したけどヒットせず)
・Googleなどで"HP USB Disk Storage Format Tool"をキーワードに検索すると、ダウンロードサイトがヒットする
■Intel Ethernet Connections Boot Utility, Preboot images, and EFI Drivers
・ファイル名 PREBOOT.EXE
・NICのファームウェアを書き換えるツール
・ダウンロードサイト http://downloadcenter.intel.com/Detail_Desc.aspx?lang=jpn&DwnldID=19186


ESXiでiSCSI SANブートを構成するときの手順です。

1. ブータブルUSBメモリの作成
2. ブータブルUSBメモリでESXiホストを起動
3. NICのファームウェアを書き換え
4. 再起動
5. ファームウェアを書き換えたNICの設定(iSCSIの設定)
6. ESXiのインストール

« ロックダウンモード / vSphere 5 Update 1 | トップページ | ESXiでiSCSI SANブート:ブータブルUSBメモリの作成 / vSphere 5 Update 1 »

VMware ESXi」カテゴリの記事