« "VMware vSphere 5 Update 1"で、できたこと | トップページ | ESXi5.0 Update 1 のインストール / vSphere 5 Update 1 »

全体の構成:ネットワーク / vSphere 5 Update 1

[2012.08.12 更新]

ESXiホストの1台追加およびすべてのESXiホストをSANブート構成にしたため、次の5種類のネットワークとした。

■管理用LAN
・ESXiを管理するためのLAN。ESXiとvSphere Clientなどが繋がる。
■IP-SAN
・ストレージ用LAN。ESXiとストレージが繋がる。
■仮想マシン用LAN
・仮想マシン用のLAN。
■制御用LAN
・vMotionなどのESXiを制御するためのLAN。
■SANブート用LAN
・SANブート用のLAN。

各ホストはそれぞれのネットワークに接続するために、複数のNICを内蔵している。NICと上述のネットワークの関係の一覧表です。



論理ネットワーク図



物理ネットワーク図/2台のスイッチに接続した





[以前の内容]

ネットワークの構成である。今回は用途(種類)ごとに、4種類のネットワークを用いる。

■管理用LAN
・ESXiを管理するためのLAN。ESXiとvSphere Clientなどが繋がる。
■IP-SAN
・ストレージ用LAN。ESXiとストレージが繋がる。
■仮想マシン用LAN
・仮想マシン用のLAN。
■制御用LAN
・vMotionなどのESXiを制御するためのLAN。

今回は、ESXi用に3台、ストレージ用に3台の機器を用意した。各機器に複数枚のnicを持たせた。各nicと上述のネットワークの関係は次のとおり。

各機器とIPアドレスは次のとおり。一部、2枚のnicを束ねて(チーミング/ボンディング)している。

ここまでの状態を、ネットワークごとに色分けをして図示した。

本来は、48ポート程度ののインテリジェントタイプのスイッチを1台用意してVLANを切るのが理想的である。しかし、今回は、4台のノンインテリジェントタイプのスイッチを用意してLANを組む。物理的には下図のようになる。

« "VMware vSphere 5 Update 1"で、できたこと | トップページ | ESXi5.0 Update 1 のインストール / vSphere 5 Update 1 »

VMware ESXi」カテゴリの記事