« Openfiler 用の仮想マシンを作成する / Openfiler 2.99 | トップページ | Openfiler に接続する / Openfiler 2.99 »

Openfiler をインストールする / Openfiler 2.99

仮想マシンに Openfiler Ver 2.99 をインストールします。ISO イメージファイルからインストールします。そのため、仮想マシンの起動時に、ISO イメージファイルをマウントしています。


仮想マシンを右クリックします。

[設定の編集] をクリックします。

[オプション] タブをクリックします。

[起動オプション] をクリックします。

[次回仮想マシンの起動時に、強制的に BIOS セットアップ画面に入る] にチェックを入れ、[OK] をクリックします。

仮想マシンの設定が終了しました。

[仮想マシン コンソールの起動] をクリックします。

コンソールが起動したら、[パワーオン]をクリックします。

BIOS セットアップ画面になったら、Openfiler の ISO イメージファイルをマウントします。

Openfiler のインストール画面です。[Enter] キーを押して、インストールを開始します。

[Next] をクリックします。

使用するキーボードの種類を選択します。[Japanese] を選択し、[Next] をクリックします。

"インストール先のハードディスクドライブ内のすべての内容を消去される"と、警告メッセージが表示されます。[Yes] をクリックします。

インストール先ハードディスクドライブなどを指定します。ハードディスクドライブが 1 台だけの場合、デフォルトのままで問題ありません。今回は、設定後のパーティションの内容を確認するため、[Review and modify partitioning layout] にチェックを入れ、[Next] をクリックします。

"ハードディスクドライブ上の、すべての既存パーティションが削除される"と、警告メッセージが表示されます。[Yes] をクリックします。

作成されたパーティションのレイアウトです。Ver 2.3 と異なり Ver 2.99 では、空き領域 (Free) が確保されています。パーティションのレイアウトを確認後、[Next] をクリックします。

ブートローダーの指定です。デフォルトのままで、[Next] をクリックします。

ネットワーク関連の設定画面です。[Edit] をクリックします。

[Manual configuration] を選択し、IP アドレスを指定します。IP アドレスの指定後、[OK] をクリックします。

[hostname] , [Gateway] , [Primary DNS] などを指定し、[Next] をクリックします。

タイムゾーンを指定します。

[System clock uses UTC] のチェックを外し、[Next] をクリックします。

Openfiler の root アカウントのパスワードを指定します。指定後、[Next] をクリックします。

[Next] をクリックして、Openfiler のインストールを開始します。

Openfiler 用の仮想マシンが作成されました。

Openfiler のインストール中です。

インストールの終了後 [Reboot] をクリックして、仮想マシンを再起動します。

再起動後、Openfiler が起動しました。

« Openfiler 用の仮想マシンを作成する / Openfiler 2.99 | トップページ | Openfiler に接続する / Openfiler 2.99 »

Openfiler」カテゴリの記事