« ESX ホストのデータストアとして NFS サーバーを追加(マウント)できるようネットワークを構成する / ESX 4.1 | トップページ | ESX ホストのデータストアとして iSCSI ターゲットを追加できるようストレージアダプタを構成する / ESX 4.1 »

ESX ホストのデータストアとして iSCSI ターゲットを追加できるようネットワークを構成する / ESX 4.1

ネットワークを構成する ESX ホストをクリックします。

[構成]タブをクリックします。

[ネットワーク]をクリックします。

[ネットワークの追加]をクリックし、[ネットワークの追加ウィザード]を起動します。

[VMkernel]を選択し、[次へ]をクリックします。

iSCSI ターゲットにアクセスするための仮想スイッチを作成します。今回は、vmnic1 を使用して新規に仮想スイッチを作成します。[仮想スイッチの作成]を選択し、使用するネットワークインターフェースカードを選択します。[プレビュー]で、作成する仮想スイッチのイメージを確認後、[次へ]をクリックします。

ネットワークラベルと VLAN などの指定をします。[ネットワークラベル]にネットワークラベルを指定します。今回は iSCSI ターゲット用に構成しているので、デフォルトの"VMkernel"から"VMkernel for iSCSI"に変更しました。この環境では VLAN はないので、変更していません。設定後に[次へ]をクリックします。

iSCSI ターゲットに接続する ESX ホスト側の IP アドレスを指定します。IP アドレスの指定後、[次へ]をクリックします。

ここまでで指定した内容を確認します。[終了]をクリックして、新規仮想スイッチを作成します。

デフォルトゲートウェイを設定していないので、警告メッセージが表示されます。[いいえ]をクリックします。今回の環境の iSCSI ターゲットは閉じたネットワークで構成しているので、ゲートウェイアドレスは指定しません。

iSCSI ターゲットへ接続用の新規仮想スイッチ vSwitch2 が作成されました。

« ESX ホストのデータストアとして NFS サーバーを追加(マウント)できるようネットワークを構成する / ESX 4.1 | トップページ | ESX ホストのデータストアとして iSCSI ターゲットを追加できるようストレージアダプタを構成する / ESX 4.1 »

VMware ESX」カテゴリの記事