« Openfiler で複数の NIC を使ってボンディング(チーミング)を構成する / Openfiler | トップページ | Openfiler で iSCSI サーバーを作成する(ボンディング構成した NIC を使用) / Openfiler »

Openfiler で NFS サーバーを作成する(ボンディング構成した NIC を使用) / Openfiler

[System]をクリックします。

[Network Access Configuration]に、NFS サーバーにアクセスを許可するネットワークを指定します。[Name]は、このアクセスグループの名前を指定します。[Network/Host]と[Netmask]で、アクセスを許可する特定のアドレスまたはネットワークを指定します。今回は NIC のボンディング構成をした側からアクセスを許可するので、172.16.100.0/255.255.255.0 を指定します。[Type]は[Share]を選択します。すべてを指定後に[Update]をクリックします。

[Volumes]をクリックします。

[Block Devices]をクリックします。

接続されているハードディスクドライブの一覧が表示されます。/dev/sda はシステム用として使用しているので、/dev/sdb を NFS 用に割り当てることとします。/dev/sdb/をクリックします。

[Create a partition in /dev/sdb]で、パーティションを作成します。[Mode]は[Primary]を、[Partition Type]は[Physical volume]を選択します。その後、[Create]をクリックします。

[Volume Groups]をクリックします。

[Create a new volume group]で、ボリュームグループを作成します。[Volume group name]にボリューム名を入力、[Select physical volumes to add]に表示されているボリューム内で使用するボリュームにチェックを付け、[Add volume group]をクリックします。

[Add Volume]をクリックします

[Select Volume Group]で[vg1]を選択し、[Change]をクリックします。

[Create a volume in "vg1"]で、ロジカルボリュームを作成します。[Volume Name:]にボリューム名を、[Volume Description:]にボリュームの説明を入力します。[Required Space:]のスライダは右端(ボリューム全体を割り当て)に、[Filesystem / Volume type:]は[XFS]を選択します。すべての項目を指定後に[Create]をクリックします。

[Services]をクリックします。

サービスの一覧から、[NFSv3 Server]の[Enable]をクリックして、NFS サービスを有効にします。

[Shares]をクリックします。

共有フォルダを作成するため、[Logical Volume #1]をクリックします。

[Folder name:]に共有フォルダ名を入力し、[Create Sub-folder]をクリックします。

作成した共有フォルダにアクセス権を設定するため、[NfsShare]をクリックします。

[Make Share]をクリックします。アクセス権は誰(Public guest)でも読む書き(RW)可能とします。

[Share Access Control Mode]でアクセス権を設定します。[Public guest access]を選択し、[Update]をクリックします。

次に[Host access configuration (/mnt/vg1/lv1/NfsShare/)]でアクセス権を設定します。NFSのアクセス権に[RW]を選択し、[Update]をクリックします。

これで、NFS サーバーの設定は終了です。

« Openfiler で複数の NIC を使ってボンディング(チーミング)を構成する / Openfiler | トップページ | Openfiler で iSCSI サーバーを作成する(ボンディング構成した NIC を使用) / Openfiler »

Openfiler」カテゴリの記事