« Openfiler でファイルサーバーを作成する(まとめ) / Openfiler | トップページ | リアファンを交換する / ML115 »

ESXi サーバーのネットワークを、仮想マシン用と VMkernel 用に分離する / ESXi 4.0

ESXi をインストールした直後は、仮想マシンも VMkernel も物理サーバーの同一のネットワークポートを 1 ポートだけ使用する構成になっています。

この構成でも使用はできますが、vmnic0 がダウンすると ESXi サーバーも制御不可能になり、仮想マシンからの通信も出来なくなります。このリスクを軽減するため、仮想マシン用と VMkernel 用のそれぞれに、別々の物理ポートを割り当てます。この図では、仮想マシン用に vmnic1 を、VMkernel 用に vmnic0 を割り当てています

デフォルト構成のネットワークです。この構成をベースに、仮想マシン用と VMkernel 用に別々の物理ポートを割り当てます。

[ネットワークの追加]をクリックします。

[ネットワークの追加ウィザード]が起動します。[接続タイプ]は[仮想マシン]を選択し、[次へ]をクリックします。

[仮想スイッチの作成]を選択し、vmnic1 にチェックを入れます。画面の下半分に、構成イメージのプレビューが表示されます。プレビューを確認し、[次へ]をクリックします。

[ポートグループのプロパティ]の[ネットワークラベル:]に、ネットワークラベル名を入力します。初期表示として、ウィザードが適当なラベル名を入れるので、そのままでも問題ありません。ネットワークラベル名を入力後、[次へ]をクリックします。

[終了]をクリックして、新しいネットワークを作成します。

仮想マシン用に新しくネットワークを追加した状態です。新しく vSwitch1 が作成され、仮想マシン用のポートグループも作成されています。

次に、vSwitch0 側の仮想マシンのポートグループに含まれている仮想マシンを、新しく作成した仮想マシンのポートグループへ移動します。移動対象の仮想マシン名をクリックします。

移動対象の仮想マシン名を右クリック → [設定の編集]をクリックし、[仮想マシンのプロパティ]を開きます。

[ネットワークアダプタ 1]を選択し、[ネットワーク接続]内の[ネットワークラベル:]を[Virtual Machine Network]へ変更します。

ネットワークラベルの変更後、[OK]をクリックして終了します。

ネットワーク構成を開き、、仮想マシン vm1 が仮想マシンのポートグループ VM Network から Virtual Machine Network へ移動したことを確認します(念のため、[更新]をクリックして、表示の更新も行っています)。

仮想スイッチ vSwitch0 から仮想マシンのポートグループを削除します。[プロパティ]をクリックし、[vSwitch0 プロパティ]を開きます。

削除する仮想マシンのポートグループ VM Network を選択し、[削除]をクリックします。

[削除の確認]は[はい]をクリックして、削除を継続します。

仮想スイッチ vSwitch0 から、仮想マシンのポートグループ VM Network が削除されました。[閉じる]をクリックして、[vSwitch0 プロパティ]を閉じます。

仮想スイッチ vSwitch0 から仮想マシンのポートグループが削除されました。仮想スイッチ vSwitch0 は VMkernel 用、vSwitch1 は仮想マシン用に分離され、それぞれにネットワークカード(ネットワークポート)が割り当てられています。


« Openfiler でファイルサーバーを作成する(まとめ) / Openfiler | トップページ | リアファンを交換する / ML115 »

VMware ESXi」カテゴリの記事