« ESXi サーバーでカスタム構成のCentOS5.5(32-bit)用仮想マシンを作成する / CentOS5.5(32-bit) | トップページ | "Openfiler"をインストールする(NIC 複数枚(3枚)構成) / Openfiler »

内蔵ハードディスクドライブに"VMware ESXi 4.0 Update 1"をインストールする / ESXi 4.0

作成したインストール用メディアを使用して内蔵ハードディスクドライブにインストールします。使用するキーは、[ENTER]キーと[F11]キーの2つだけ、これを交互に押します

インストール用メディアでブートし、少し待つとブートメニューが表示されます。デフォルトで、「ESXi Installer」が選択されているので、[ENTER]キーを押すか、画面下の時間(秒)のカウントダウンが終わるのを待ちます。

Welcom メッセージが表示されたら、[ENTER」キーを押します。

ライセンス条項(EULA)に目を通し、[F11]キーを押します。

ESXi のインストーラが認識できたディスクが一覧で表示されます。今回は HP ML115G5 の購入時に内蔵されていた 160GB のハードディスクにインストールします。インストール先候補が 1 つだけなので、[ENTER]キーを押して進めます。

インストールするかどうかの最終確認です。この次はインストールなので、インストールを中止する最後のチャンスです。インストールするので、[F11]キーを押します。

インストール中です。

インストールが終了しました。インストール用メディアを取り出し、[ENTER]キーを押して、リブートします。

リブート中です。

リブートが終わり、ESXi が起動しました。IP アドレスは、DHCP で取得しています。CPU の認識が"AMD Processor model unknown"になっているのは、CPU を"AMD AthlonII X4 630"に換装しているからです。

USB メモリにインストールしたときはデータストアが作成されませんでした。内蔵ハードディスクドライブにインストールした時は、データストアが自動的に作成されます。


« ESXi サーバーでカスタム構成のCentOS5.5(32-bit)用仮想マシンを作成する / CentOS5.5(32-bit) | トップページ | "Openfiler"をインストールする(NIC 複数枚(3枚)構成) / Openfiler »

VMware ESXi」カテゴリの記事