« 公開 NTP サーバーを用いて ESXi サーバーの時刻を合わせる / ESXi 4.0 | トップページ | ESXi サーバーに NFS サーバーの共有ディレクトリをデータストアとして追加(マウント)する / ESXi 4.0 »

ESXi サーバーに内蔵ハードディスクドライブをデータストアとして追加する / ESXi 4.0

[構成]タブをクリックします。

[ストレージ]をクリックします。

[ストレージの追加...]をクリックします。

「ストレージの追加」画面が開きます。

[ディスク/LUN]を選択し、[次へ]をクリックします。

追加するハードディスクドライブをクリックします。

[次へ]をクリックします。

現在のディスクレイアウトを確認し、[次へ]をクリックします。

[データストア名を入力]にデータストア名(ここでは"Storage1")を入力し、[次へ]をクリックします。

[最大ファイル サイズ]は、作成予定の最大ファイルサイズを考慮して 256GB / 512GB / 1024GB / 2048 GB から選択します。デフォルトで作成可能な最大ファイルサイズは 256GB です。

[容量の最大化]のチェックを外すと、データストアとして使用するディスクサイズを指定出来ます。

今回は指定したハードディスクドライブ全体をデータストアとして使用するので、[容量の最大化]にチェックを入れます。この場合、データストアとして使用するディスク容量が指定出来ないので、ディスクの容量は変更できません。この状態で、[次へ]をクリックします。

ここまでに指定した内容のサマリが表示されます。[終了]をクリックして、データストアを作成します。

内蔵ハードディスクドライブが、データストアとして追加されました。

作成したデータストアをクリックすると、データストアの詳細が表示されます。


« 公開 NTP サーバーを用いて ESXi サーバーの時刻を合わせる / ESXi 4.0 | トップページ | ESXi サーバーに NFS サーバーの共有ディレクトリをデータストアとして追加(マウント)する / ESXi 4.0 »

VMware ESXi」カテゴリの記事